同人サークル『スマイルレス』

18禁同人ゲーム製作サークル『スマイルレス』のblogです。
女の子を泣いたり笑ったり出来なくしてやるようなゲームを作ります。
未成年だったり、人生に絶望した女の子を見るのが辛い人にはオススメできません。
女の子を絶望のどん底にダンクシュートするような話が好きな人向けです。

カテゴリ: 紹介

そういえばまだ、前回に紹介させてもらった戦闘システムの一部を
紹介していなかったという事に気付きました!
という訳で前回の更新でも持ち出した画像をペタリ。
戦闘システムについて
※画面は開発中のものにつき、一部デザインが変わる可能性があります。


で、今回は属性相関図の下、あるいは横にある数字が書き込まれた枠組みと
その下にある攻、強、弱の文字の説明です。
こちらは連環というシステムがありまして、販売予定ページの方では
攻撃、強化、弱体をバランスよく使うと攻撃のダメージがどんどん
上がっていくと記載しました。
では、バランス良くって具体的にどういう事なのかというと、
攻撃、強化、弱体を自分で決めた順番に使うという事です。
例えば1ターン目で攻撃の特技を使用すると上の枠組みの1に攻撃を
表すマークが表示されます。続いて2ターン目に強化の特技を使用すると
2の枠組みに強化のマークが、更に3ターン目に弱体の特技を使用すると
3の枠組みに弱体のマークが入ります。
こうして枠組みがそれぞれ別の種類のアイコンで埋まると連環が完成した
という事になり、その後に使用する攻撃系の特技の威力が上がります。
(画像内のゲーム画面にある連環 準備中という文字が連環 成立!という
文字に切り替わり、その下に周回数を表す1周目という文字が出ます)
更に4~6ターン目で同様に攻撃、強化、弱体という順で特技を使用すると
連環が2周目、3周目と増えていき攻撃系の特技のダメージも更に上がっていく
という仕様です。
ちなみに、このゲームでは錬金壺に効果を保持して次のターンに解放できる
という前回ご紹介したシステムがある関係上、実際は
1ターン目にアイリは攻撃の特技を使用、錬金壺に弱体の特技の効果を保持
2ターン目にアイリは強化の特技を使用(使用時に錬金壺が保持していた弱体
の効果が後から発動)、錬金壺に強化を保持
といった形になると攻撃→強化→弱体という形で2ターン目には連環が1周
完成しますので、上に書いた例えよりテンポの良い戦闘になります。

強化や弱体といった特技も積極的に使用する事で、結果的に楽が
出来るというシステムなので、敵が強いと思ったらぜひこちらのシステムを
思いだして遊んでいただければ、と思います。
 

『笑顔の裏側 ~天才少女の未来を潰すRPG~』におけるエロシナリオの特徴を
紹介する画像を、dlsite.comの販売予定ページに追加いたしました。
エロシナリオ一覧!みたいなものではないのですが、どういった点に
力を入れているのかが伝わる内容になったと思いますので、どのような
ゲームか気になった方はぜひ一度、ご覧ください。

『笑顔の裏側 ~天才少女の未来を潰すRPG~』販売予定ページ

ちなみに画像で触れている内容は、エロシナリオの分岐についてです。
このゲームでは主人公のアイリに淫乱度というパラメーターがあり、
その高さによってエロシナリオが3つに分岐します。
淫乱度 低 : ひたすら嫌がり、痛がる反応
淫乱度 中 : 悔しいけど感じちゃう、ビクンビクン
淫乱度 高 :  気持ち良すぎておかしくなっちゃうのほおぉぉおぉ
みたいな感じです。
淫乱度っていうパラメーターが好きなんですよ。
だって優しくて清楚な雰囲気の少女が淫乱度100とかグッときませんか?
自分で動かして淫乱度が上がっていく様を見ていると、自分がこの少女を
ビッチな雌豚にしてやってるんだなぁって感動があるんですよ!
という訳で、淫乱度がきちんと機能するようなシナリオ構成にしました。
ちなみに、他に理性というパラメーターもあります。
これは100から始まって下がれば下がるほどエロいイベントを起こせる
ようになるというものです。

やっぱりエロRPGというからにはステータスにもエロが必要不可欠だと思うのですよ。
同人サークル『スマイルレス』はエロRPGというジャンルを応援しています。 

という訳でやってきました!
『笑顔の裏側 ~天才少女の未来を潰すRPG~』の内容紹介記事!
これがないとサークルのブログっぽくないですもんね!

とか思ってたんですが、そういえばこのブログってやつには性的な
画像を掲載していいのかしらとか思って規約を眺めたところ
ばっちり禁止されてるじゃないですか(白目)
という事で、本当は画像付きでエロへの拘りでも語ろうかと思って
いたんですが、急きょ予定を変更して戦闘システムについて
お話させていただこうかと。
ちなみにエロに関しては明日、dlsite.comの販売予定ページに
追加のサンプル画像を掲載する予定ですので明後日には
ご覧いただけるかと思います。もう少々お待ち下さいませ。

という訳で(二回目)今回は戦闘システムです。
販売予定ページをご覧いただいた方はもうご存知かと思いますが、
少しだけこの作品、普通のRPGと異なっております。
という訳で、まずはざっと戦闘画面の画像から見ていただきましょう。
戦闘システムについて

※画面は開発中のものにつき、一部デザインが変わる可能性があります。

画像だけでは色々と説明不足のため、色々と語らせていただきます。
まず、このゲームの変わったところとして戦闘コマンドに戦うがありません。
主人公のアイリに限らずこの世界の錬金術師は非力なため、戦闘中に
戦士のように殴って攻撃、なんて事はできないのです。
では何をするのかというと、錬金術で作り出した触媒から様々な効果を
引き出して戦います(具体的に言うと、特技の使用に当たります)。
主に主人公のアイリが取れる行動は特技の使用(攻撃、自身の強化、
敵の弱体、回復)と道具使用という事になります。
また、画面内にある通りこのゲームでは錬金壺なる壺がひとりでに
動き出して戦っ・・・・・・たりはしません。
これは主人公であるアイリの行動を決めた後に、錬金壺に対する行動が
出来るというものなのです。 
錬金壺に対して出来る事は主に、効果の『保持』です。
具体的に言えば、炎や氷、雷の属性を『保持』させたり強化や弱体の効果を
『保持』できます。
ここで『保持』した効果が錬金壺に何らかの影響を与えることはありませんが、
『保持』している効果は次のターンの主人公(アイリ) の行動に反応して発動
します。
例えば、1ターン目で錬金壺に強化の効果を『保持』して
2ターン目で主人公(アイリ)が炎属性の攻撃を行うと、その行動に反応して
錬金壺から強化の効果が『解放』されて発動します。
簡潔にいうと、1ターン遅れてやってくる二回行動、といった風です。

ちなみにこの『保持』と『解放』ですが実は単なる二回行動以上の意味があります。
というのは『保持』している効果と同じ効果の特技を使用することで威力を上昇できるのです。
例えば錬金壺に強化の効果が『保持』されている状態で強化の特技を使用すると、
強化+強化で通常より高い強化の効果が得られます。
また、弱体の効果を『保持』している状態で弱体の特技を使用しても、
弱体+弱体で通常より高い弱体の効果が得られます。
属性の場合も例えば、炎の属性を『保持』した状態で炎の特技を使用すると
威力が上昇します。
ただし、属性には上の画像にある通りの3すくみがあるため、少しだけ
違いがあります。
というのも、『保持』している効果が強化や弱体だった場合は、次に使う
特技がどのようなものであっても『解放』されるのですが、『保持』している
のが炎や氷、雷といった属性だった場合は同属性でのみ『解放』されます。
また、『保持』している属性に対して弱い属性を使用してしまうと、威力が
低下してしまうといったデメリットもあります。
(炎の効果を『保持』している状態で同属性の炎の特技を使用すると
威力が上昇しますが、炎の属性に弱い氷属性の特技を使用すると
威力が低下します。
これは、錬金術師が起こす行動は全て錬金壺経由で行われているため
 炎の属性を持った錬金壺に氷属性の効果を通すと属性相性の力が
働いて威力が弱まってしまう、というものです。) 

とりあえずざくっと説明しましたが、最後にまとめると
・行動は二回、主人公(アイリ)の行動と錬金壺に対する行動
・ 錬金壺には属性や強化、弱体の効果を『保持できる』
・ 『保持』した効果は次のターンの行動と一緒に『解放』される
・ 『保持』した効果と同じ効果の特技を使用すると威力が上昇する
・強化と弱体の『保持』と属性の『保持』には『解放』時に違いがある
 といったところでしょうか。

ん~む、羅列してみると意外とややこしい?
実際に遊んでみていただければ、難しい事はないと思っていただける
のではないかと思っています。
そもそも、私自身が頭使ってゲームできるタイプの人じゃないのでw
 ちなみに、戦闘システムについては上の画像にも載っている癖に今回
全く触れていない要素があるのですが、今回でまとめてお話しすると
やたらめったら長くなって読み辛くなりそうなので次回に紹介させて
いただきます。 

なお、読んでいて分かり辛い点などあればご質問いただけると幸いです。
では、また明日! 

ようやく紹介記事が書けるっ!
という事で、無事に申請が通りましたので製作中のゲームの
紹介ページについて説明させていただきます。 

と、その前に。タイトルが正式に決定しました。
その名も

笑顔の裏側 ~天才少女の未来を潰すRPG~

です!
無駄に装飾してみました。
あとリンクもつけてみました。dlsite.comの販売予定ページに飛びます。

まだゲーム内容の全てを紹介出来ている訳ではないのですが、
大まかにどういったゲームかは伝えられているのではないかと。
いやぁ、紹介ページに画像一枚。これだけ書くとパパッと終わりそう
なものですが、案外時間がかかった。
それもこれもデザインセンスが無かったり画像加工が下手だったり
したせいなんですが。
あと、以前の記事で触れていたサークルロゴは右下にあるやつです。
顔のデザインでまゆ毛の上にsmilelessと書いてありますが、
ちゃんと読めますかね。lがちょっと分かり辛いかとは思ったんですが、
ぱっとこれが思いついた途端にこれ以外の案はありえないと思って
しまい、こうなりました。
手書き感が出過ぎていてややチープですが、デザインとしては
自分にしては気に入っていたりしてます。


という訳でいよいよ完成しました販売予定ページ。
あくまで販売予定ページが完成しただけで、ゲーム自体が完成した
訳ではないのですがこのページから少しでも多くの方に知って
いただいて、遊んでもらえるゲームになるといいなと思っております。
『悲劇の錬金術師』改め『笑顔の裏側 ~天才少女の未来を潰すRPG~』
をこれからどうぞ、よろしくお願いします。

 追記:
販売予定ページにゲーム内にて使用させていただいている素材に
関わるサークルさんのお名前を表記しておりませんでした。申し訳ありません。
つい先ほど内容の変更申請を出しましたので、早ければ明日(今日?)中には
販売予定ページにて各サークルさんの記載を確認いただけると思います。 

そんなわがままを叶えてくれるのがこちらの商品っ!
というノリでいく訳じゃないんですがw
実際、自分は絵が全く描けないんですよ。
なのになぜゲームを作ろうと思ったかといえば、あるサークルさんに
出会ったからなんですよね~

サークル『T.O.P.』さん

こちらが販売している
著作権フリーイベントCG素材集 と
著作権フリー立ちキャラクター素材集がすこぶる素晴らしい。

というかこれらが無かったらゲームを作ろうだなんて
思わなかったですね。
立ち絵だけを作ってくれるものっていうのは他にも幾つか
ありますが、こちらのサークルさんの素晴らしいところは
同じキャラクターでエロCGまで作れてしまうというところ。
シチュエーションとしてはエロ特化なので、それでシリアスを
作ろうとしたら相当無理しなくちゃいけないと思いますが、
エロメインの作品を作るなら不足はありません。
他にも似たようなので『
佐野俊英が、あなたの専用原画マンになります
という商業作品もありますが、これとは住み分けといった感じ
でしょうか。

一応比較すると 
 
サークル『T.O.P.』さんの長所は
①立ち絵とエロイベントCG両方作れる
②ロリ系の絵柄でそっちの人が大満足
③お値段が安い
(イベントCG集と立ち絵集1つずつで大体のことはできるのに、二つ
合わせても2000円ちょいしかしないという良心価格)

 佐野俊英が、あなたの専用原画マンになります』の長所は
立ち絵とエロイベントCG両方作れる
②お姉さん系の絵柄でそっちの人が大満足
③商業作品のため定価だといいお値段しますが、素材の豊富さに
おいては同人やフリー素材を寄せ付けないものがある

要は、ロリ好きなら 
T.O.P.』さん、
お姉さん系好きなら 佐野俊英が、あなたの専用原画マンになります
ってことですかね。
あ、私はロリ好きなので 
T.O.P.』さん一択です。

気になった方は下にリンクを貼っておくのでちょちょいと覗いてみると
今後の創作活動、あるいはこれから湧き上がるであろう創作意欲に
影響があるかもしれません。
という訳で紹介枠でした まる

自分がたまに使うDLsite.comです。
T.O.P.』さんのサークルプロフィールに飛びます。
同人誌、同人ゲーム、同人ソフトのダウンロードショップ - DLsite.com

こちらはDMM.R18です。DLsite.comは使ったことないけどDMMのアカウントなら
あるよ、という人向け。著作権フリーイベントCG素材集vol1に飛びます。
著作権フリーイベントCG素材集vol.1

↑このページのトップヘ